かつらナビ

2010年12月14日

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症とは頭皮の皮脂が過剰となることで起こる脱毛症です。体質的なものや頭皮のケアやヘアケアを怠ることにより皮脂が過剰となることが主な原因といわれています。

頭皮には皮脂腺があり、通常より皮脂の分泌が多くなることを脂漏と呼びます。頭皮が脂漏になると、余分な皮脂が酸化し、べたべたした脂性のフケとなります。

脂性のフケは洗い流しにくいため、頭皮の皮脂により毛穴がつまったり、細菌が繁殖して炎症を起こし、ひどい場合に脂漏性脱毛症となります。

このフケによる脱毛症はまずは頭皮を清潔に保つことが一番の対策です。しかし、前述したように過度なシャンプーはかえって逆効果になる場合もありますので、適度なヘアケアを心がけましょう。

posted by かつら at 10:00| Comment(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。