かつらナビ

2010年12月14日

分娩後脱毛症とは

分娩後脱毛症とは妊娠中の女性に起こる脱毛症。産後の抜け毛が多いのはこの症状。

妊娠による栄養バランス、女性ホルモンの分泌バランスの崩れによって起こる。妊娠後期にエストロゲンをはじめとする女性ホルモンの影響で成長期の頭髪が増え、これらの頭髪が出産後に休止期に入るため抜け毛が増加する。

抜け毛がひどくなるが、一般的に分娩後脱毛症は一時的な脱毛症状で、深刻な脱毛症になることはない。軽いブラッシングや手で髪をとかす程度でかなり髪の毛が抜けたりするが、通常は産後半年程度で自然に回復する。

およそ半分の妊婦が脱毛を意識するといわれるほど妊婦にとっては一般的な脱毛症。

posted by かつら at 19:00| Comment(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。