かつらナビ

2010年12月15日

中毒性脱毛症とは

中毒性脱毛症とは、熱病性の疾患や重度の病気、妊娠や手術など肉体的・精神的ストレスが原因で起こる脱毛症のこと。

ガンの化学療法薬などクスリの副作用で起こる場合もあり、甲状腺や下垂体の機能低下も中毒性脱毛症の原因となる。

急激に頭髪が抜け落ちるが、通常一時的な脱毛で終わる。こういった中毒性脱毛症の場合は、医療用かつら(医療用ウィッグ)で対応する場合が多い。治療を受ける医療機関によっては提携のかつら・ウィッグメーカーがあるので、相談してみるといいでしょう。

またカツラ・ウィッグの販売店では医療用かつら・ウィッグ用にカウンセリングを実施しているところもあるので、利用してみるのもいいと思います。

posted by かつら at 10:00| Comment(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。