かつらナビ

2010年12月28日

ベース部がネット状素材のかつら・ウィッグ

ベースとは、かつら・ウィッグの裏地のこと。

かつらと毛を結び付けている大事な部分です。また、ベースは頭皮に直接接する部分でもあります。

ベースの種類はかつら・ウィッグの販売元によっては100種類以上もあり多種多様ですが、使用される素材によって分けると「ネット状」と「人工皮膚」の2つに大きく分けられます。

「ネット状のベース」とは網目状になったベースのことで多くのかつらで使用されています。

一般的に人工皮膚のものより通気性がよく、耐久性の高いのが特徴です。汗をかきやすい人や運動をする人、体を動かすことの多い仕事をしている人などはネット状素材のかつらを使用するといいでしょう。

ただ、網の目の大きさや厚さ、重さ、色など様々ですので、自分にあったものを選ぶようにしましょう。

posted by かつら at 19:00| Comment(0) | かつら/カツラの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。