かつらナビ

2010年12月23日

人毛かつらと人工毛かつら

かつらはその素材によって大きく2つに分けられます。

1つは実際に人間の髪(人毛)を素材として作られた「人毛かつら」。
もう1つはポリエチレンなど化学繊維(人工毛)を素材として作られた「人工毛かつら」。

また人毛と人工毛をミックスさせたカツラもある。

人毛かつらの人毛は中国毛とインド毛を使用したものが多いが、日本人には毛髪の太い中国毛を使用している場合が多い。

posted by かつら at 18:00| Comment(0) | かつら/カツラの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月22日

オーダーによるかつらの分類

かつらはオーダーの仕方によって大きく「既製品かつら」と「フルオーダーメイドかつら」の2種類に分けられます。

「既製品かつら」はすでに出来上がっているカツラから自分にあったものを選べます。量産できるため価格は安くなります。海外(主に中国)で作っているものが多いです。ネット販売などで格安で売られているものはほぼ既製品になります。とりあえず「かつら」というものを試してみたいという方は、こういったき製品のかつらを購入してみるのもよいでしょう。

「フルオーダーメイドかつら」は頭髪の色、頭の形など個々に合わせたものをオーダーして作ります。既製品のものよりも自分にあったものを手にできますが、当然ながら価格は高目となります。

フルオーダーメイドかつらの場合、毛髪の量や頭の形状など細かい部分も調整できるので、かなり自然に仕上がると思います。年齢によっては白髪の量なども変えることができます。

オプションのような形で色や形状などを指定できるセミオーダー(イージーオーダーメイド)のカツラもあります。既製品のかつらに比べるとよりので、自分が必要なポイントをオーダーしたかつらを作るのもよいでしょう。

posted by かつら at 12:31| Comment(0) | かつら/カツラの種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

牽引性脱毛症とは

頭髪が継続して過度に引っ張られる事によって発生する脱毛症。ポニーテールなど頭髪を強く束ねたりする場合に起こりやすい。

牽引性脱毛症の場合、特に治療は必要なく、個人差はあるが一般的に髪型を変えることによって回復する。ただし牽引が長期間だと回復不能になる場合もある。

回復を早めるには頭皮のマッサージで血行を促進するのがよい。

脱毛症の多くはホルモンや遺伝などの内的要因によるものだが、このように頭皮への継続的な負担は脱毛症へとつながるので注意が必要。

posted by かつら at 19:00| Comment(0) | 脱毛症の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。